瞬塾 ロボット日記

国立市の小さな塾・瞬塾のブログ。 ヒューマンアカデミーさんから教材の提供を受け ロボット教室国立駅前教室、国立さくら教室の運営もしています。

カテゴリ: 日記

IMG_20191112_1752540_rewind_kindlephoto-965642

こんにちは。秋も深まってまいりました。
瞬塾から見える大学通りのイチョウの木も、てっぺんから黄色く色づいています。


さて、今回のロボットは、アドバンスプログラミングコースより、ドレミロボ!まるで木琴をたたいているかのように音を出しながら移動する、演奏ロボットです。

うでを振るためのモーター、横に移動するためのモーター、そして実際に音を出すブザー。三つの動作を組み合わせて曲を演奏するプログラミングは、ほかのものより一段と長くなります。

ロボットにどんな動きをしてほしいのか?
自分は動きのどの部分をプログラムしているのか?
見失わないように忍耐強くプログラムを作りましょう。

ちなみに、今回の課題曲は「きらきら星」。
時間があったらぜひほかの曲も演奏してみましょう!




今月のロボットは、まずプライマリーコースよりSLロボロコ!SL型ロボットです。

プライマリーコースは5~6歳向けのコースですが、
今回のロボットは使うパーツもふだんより多く、難しくなっています。
それでも機関車というモチーフは好かれているのか、
みなさん頑張って作ってくれました。

IMG_20191017_1724512_rewind_kindlephoto-419686
 蒸気機関車(SL)そっくり!

このロボットがS
Lらしいのは見た目だけではありません。
タイヤが回るとロボットにとりついたシャフトが前後に動く、ピストン運動をするのです。

実際のSLは蒸気のちからでピストン運動を起こして車輪を動かすので、
このロボットとは動きの順番が逆ですね。

ピストンをきれいに動かせるように、
ロボット外側のベベルギアの位置によく注意しましょう。

IMG_20190909_1556418_rewind_kindlephoto-429656
こんにちは!今日はアドバンスプログラミングコースの
ロボットを紹介します。
その名もバグモジョラ。バグ(bug)は英語で虫を表します。
モジョラは......何でしょう、モジョモジョ動くからでしょうか。

さて!このロボット、右足3本、左足3本で合計6本の足があります。
ここは昆虫と同じですね。
見た目だけでなく、全体のバランスをとるのに役立っています。
どんな時も左右合わせて3本以上の足が地面に着くようにする事で、
速く、安定して動けるようになっているのです。
3本以上の足で安定する、という仕組みは、
杖や三脚など日常の様々なところで活かされていますね。

写真のロボットは、前に突き出た角の先にタッチスイッチを付けて
壁や物に当たると方向転換出来るようにプログラムしてあります。
さらに光センサーや音センサーを付けたりすると、
生き物のように判断しながら動く様子が楽しめますよ!

イメージ 1

8月も後半になりました。涼しい秋が待ち遠しいような、過ぎ行く夏が惜しいような......
今日のロボットはプライマリーコースより、モッテクテクです。

ごらんのとおり、ものを運んでくれるロボットですね。
1日目ではスイッチで前後へ動くシンプルな仕組みですが、
2日目には腕にものを乗せると動き出し、ものを取ると止まるように改造します。
まるでからくり仕掛けの茶運び人形のようで、なかなか見ていて面白いです。

腕の形を変えることで、いろいろなものを運べるようになりますよ!

イメージ 1

今日のロボットはプライマリーコース(幼稚園年長対象)より、
自転車ロボット・チャリダーです。

モーターで動くのならバイクなのでは?と思われるかもしれませんが、
自転車が走り出すと乗っている人形の足がくるくると回り、
ちゃんとこいでいるように見えますよ。

ただ、「人形がこいでいるから走る」のではなく
「(モーターが回って)走るから人形こいでいる」という動きの順番には注意。
実際の自転車とは逆ですね。
ロボット教室では、こういった一見わかりきっているかもしれないことでも
ひとつづつ確認して、論理的な考えを養います。

ちなみに、バランスをとるのが難しい、というのは実際の自転車と同じ。
三輪車に改造すると、安定したまま走ることができますよ。


このページのトップヘ